死後事務委任契約

:

今日:

昨日:

 

 

 

(1) 死後事務委任契約とは

 

ご自身がなくなられた後に関すること葬儀やお墓に関すること等をご本人がお元気な時に、委任する人と受任する人を契約で定めておくものです。

 

・身寄りがないので、お葬式や供養をお願いできる人がいない。

・自分が亡くなった後、友人や知人に連絡をしてほしい。

・相続人はいるが頼りたくない。

・信頼できる人に葬儀を頼みたい と考える方にとって有効な方法です。

 

 

(2) 死後事務委任契約の例

 

たとえば

・通夜と告別式は○○寺にお願いしてほしい

・永代供養は○○寺にお願いしてほしい

・通夜と告別式の費用は50万円以内でお願いしたい

・賃貸住宅の明け渡しの手続きをお願いしたい

・家財道具や身の回りの生活用品の処分をお願いしたい

・下記の友人に私が亡くなったことを知らせてほしい

 (1.Aさん ) (2.Bさん ) (3.Cさん )

 

 

(3) 死後事務委任契約と任意後見契約との違いや関係

 

  死後事務委任契約 任意後見契約
契約方法 公正証書に限らない (望ましい) 公正証書に限る
死によって 契約は終了しない 契約は終了する
支援者 受任者 任意後見人
契約の締結 セットで利用できる 公正証書は別契約にすることも可能

 

 

(4) 問題点

 

ご本人の死亡によってご本人に関する一切の権利義務は相続人に承継されます。 死後事務委任契約においての問題点 死後事務受任者が相続人や受遺者でない場合 事務の内容が相続人などの意向に反する場合 相続人が委任事務に要する費用の支払いを拒む場合 などがある 相続人や受遺者がおられる場合、 遺言書作成する場合、相続人などとの関係にも配慮した契約内容の検討が必要

 

(5) 費用

 

必要なサポートによって変動しますので、詳しくはお問合せ下さい。

一人暮らしの方でも無理なく利用できる額に設定しています。

 

詳しい説明はこちら↓(Wordファイルが開きます)

死後事務委任契約 費用一覧表


(クリックで拡大)