特定非営利活動法人「遺品整理を考える会」

設立の目的

 

高齢者の地域での孤立化を食い止める為の地域連携活動及び、

 

高齢者や遺族が安心して遺品整理を依頼できる

 

環境づくりを行う事業により、高齢化社会に対応した

 

社会福祉の発展に寄与することを目的とした組織です。

 

 

遺品整理を考える会

遺品整理

コンサルタント試験

3級・準3級実施

遺品整理を考える会
遺品整理を考える会
・ふれあいサポートクラブ(FSC)
・老人会広報事業
・福祉施設広報事業
・印刷物出版事業
・遺品整理事業
・生前整理事業
・古物取り扱い事業
・廃棄物処理事業

 

 

 

 

代表者

 

門田 潔    

 

略歴

 1950年生まれ.広島市出身
江波小・江波中・舟入高校と進み愛媛大学法文学部にて法律専攻。卒業後、明治生命本社に就職。
広島に帰り、経理の道を目途して税理士事務所に就職、その後25年の経験と実績を生かして平成17年独立。

経理・財務・税務を中心として社会保険・労働保険・企業法務・官公庁の書類の作成、経理指導といった管理職としての経験を生かして、現在多くの企業の経理部長・事務局長として企業内部のブレーンとして指導にあたっている。

資格

 行政書士、宅地建物取引士
税理士試験科目合格
結婚ブライダル司会者

活動

 資金繰りや効率経営を中心として中小企業の経営者の内部ブレーンとして指導をするとともに、中高年の世代を通して生涯学習・ふれあいの場の提供をすることにより社会問題に取り組む。
 未婚・離婚者の応援をすることにより、社会貢献を目途し、多くの人とのふれあいを通して人生の喜びを共有する活動を目指す。
 音楽・美術などの芸術活動を多くの人に提供することにより、精神的・肉体的ないやしを求めて社会貢献をしていく
ことにより、老若男女をとわず、その出会いを通して社会に共有できる生きがいを目指していく為に幅広い活動を展開している。
 合気道二段の有段者であり、地元の合気道発展の為に青少年のスポーツの育成に寄与している。